これから飲食店の経営を考えている人に・・

これから飲食店を経営される方の為のサイトです。
飲食店を経営していくにあたり、特に多いケースは、

今まで飲食の経験がないまま飲食店を始めるといったケースです。
背景には、今のストレスが貯まる会社をやめたい、、

やめて何をすべきなのか、、
それなら、自分が今こうして癒されるバーやカフェなどを提供出来る場が
あればいいんじゃないんだろうか、、

そういった気持ちで飲食店の経営をやりたいと考える方が多いようですが、
中々無知なままで起業するというのは、よっぽど運がなければ難しいと考えられます。

このwebサイトは、そういった今までに飲食店の経験がないという人や、
飲食店で働いているけど、自分の店を持ちたいと考えている人に、少しでも飲食店の経営について
知ってもらおうと思い最低限はこれくらいの基礎知識が欲しいということをまとめてみました。

是非、あなたの飲食店の経営の夢の為の基礎知識として利用指定だけますと幸いです。

飲食店の経営の為に知っておきたいいくつかのポイント

飲食店経営を始める際に知っておきたいお金の常識にはいくつかポイントがあるもので、
まず飲食店経営を始めるためには資金が欠かせないのですが
どのようなタイプの店舗を開業するか業種と業態により必要となる金額は変わります。

まずはどのような層をターゲットにするのか業態の種類としては
高級店や大衆店から専門店などがあります。

またカフェやラーメン店など業種によっても必要となる資金は大きく変わりますので、
まずこうした点は経営を始める前に知っておきたいお金の常識として挙げられます。

開業資金はどれくらいか頭に入れておく
例えばカフェ開業であれば一般的におよそ500〜600万円ほどの資金が必要とされていますが、
業態を変えて移動販売車であればおよそ100〜300万円でも開業することができますので、
ご自身の自己資金や融資を受けられる範囲も含めて店舗をどうするか幅広い情報を集める事が重要です。

事業計画を明確にする
続いて夢の飲食店経営を始めるために知っておきたい事として、
細かい資金計画を立てることがお金の常識として挙げられます。

まず自身が目指す店舗の形態に応じて必要な資金を割り出す事になり、
店舗賃料・保証金・建物付属設備・器具備品・内装工事・人件費などを
始めとして様々な資金の使途をピックアップします。

このあたりはすべてを開業資金計画表にまとめることになり、
加えて損益計算表や借入金計算表などについても作成する事が重要です。

細かく計算していく中ではご自身の知らない所や考えが及ばなかった所で
様々な費用が掛かることが浮かび上がり、
また当面の営業です必要になるおよそ数ヶ月間に渡る運転資金の確保も必須です。
経験則から言わせていただくと最低でも売上が0円の状態でも10ヶ月は持ちこたえる資金があったほうがいいです。

開業にあたり最優先で考えることは開業資金
またこうした初期投資のうちに自己負担分や融資を受ける割合を考えることも重要で、
さらには資金をどこから調達する吟味することも大きなポイントです。

このあたりについてはご自身ですべてを考えてまとめる事は難しく、
失敗の無い堅実で確実な開業を行なうためにも専門家へ相談を行い関与してもらう事は必須です。